遊びに行った妻を尾行してみると

閲覧数:101 ビュー 文字数:961 いいね数:0 0件

昨夜、妻が浮気をした。

前々からおかしいと思ってたんだけど、昨日は女友達と女子会なんだと言ってたので、社用車を借りてきて解らないように尾行をしたんだ。

いつバレるかとドキドキしてた。

案の定、行くと言ってたお店ではなく、駐車場で待ち合わせらしき間男の車に乗りうつった。

車の中でいちゃついてるのか中々動かない。

30分くらいすると車が動き出した。

少し離れてついていくんだけど、田舎なんで近くまで寄れなかったけど、行く方向からどのホテルに入るか解ったんで角を曲がる度に追いつくようにしてた。

案の定、某競馬場近くのホテルに入るのを目撃。

200㎜の望遠でも遠いけどとりあえず写真を撮る。

そのまま自宅に帰って、興奮しながら自慰をした。

11時を回った頃に妻が帰宅。

「楽しかったかい?」

と声を掛けると

「楽しかったよー。笑い過ぎて汗かいちゃったからシャワー浴びるね」

と脱衣所へ行く。

シャワーの音が聞こえてから俺も脱衣所へ行く。

「ねぇ。申し訳ないけどスマホチェックしたんだ。浮気してるの?」

とドア越しに聞くとシャワーの音が止まって、

「なんで見るのよ!」

と逆切れしたんだ。

「俺は別にいいんだよ。ただ、黙ってて欲しくなかっただけ」

そう言って妻のショーツを手に取る。

「ちょっと、私の下着なにしてんのよ!」

妻はまたもドア越しで叫ぶ。

ショーツを広げるとクロッチの部分が濡れていた。

「これは精液?愛液?」

淡々と聞くと

「わーん」

と中で泣く声がした。

「勘違いして欲しくないんだけど、俺は良いんだよ。浮気しても。」

そう言うと泣き止んだ。

「離婚するって事?」

俺は否定した。

「今まで通りでいいよ。夜の営みもね。」

妻がやっとドアを開ける。

「そして浮気も続けても良い。ただし条件がある。セックスした時は必ず報告する事。」

そう言ってショーツを置いて脱衣所を出た。

俺は自分の布団に潜り込み朝を迎えた。

妻はどよーんとしてたが俺は普通通り朝食を食べて出社する振りをして今に至る。