自分の嫁と娘が他人と3P

閲覧数:123 ビュー 文字数:2422 いいね数:0 0件

具体化な年齢は諸事情により言えません。

とりあえず自分も嫁も俗に言うアラフォーです。

具体的な内容ですか。

恐らく3Pと言えばで思い付く事は大抵してました。

2人同時のフェラは勿論、夫・父親である自分が言うのも何ですが、2人ともかなり胸が大きくてパイズリもしてましたね。

後は嫁と長女を並べてのバックや嫁が下で仰向け、長女が上にうつ伏せで抱き合った態勢て、とか。

自分も一応フェラをして貰った事ありますが、あんな激しいのじゃなく恥ずかしそうに少し舐めるくらいでしたし、体位もほとんど正常位のみ、ごくたまに騎乗位を少しだけ…くらいだったのに。

親友が泊まっているコテージに近づいて、ふと見ると少しだけカーテンが空いている窓がありそこから室内が見えた。

そっと覗いてみると親友が1人の女性をバックで突きながら、片手でもう1人の女性を抱きよせ、胸を揉みながらキスをしていた。

初めて生で見る3Pに驚きと戸惑い、興奮を覚えながらも目を反らすことが出来なかった。

「正直経験人数=嫁のみの自分からすると羨ましさも感じながらも相手は誰なんだろう」

と疑問に思ってた。

するとキスをしていた女性の頭が親友から離れて、ついにその顔を見る事ができたんだがその顔を見た時衝撃が走った。

その女性は自分が非常に良く知ってる顔、そう長女だった。

でもその表情は初めて見る、とてもウットリとした顔だった。

キスをしていた女性の正体が長女!?と言う事は、まさかあそこで親友にバックで入れられてる女性は、まさか…。

そう思って食い入るように見ていると、親友がその女性の片腕を掴み自分の方に引き寄せた。

すると当然その女性の頭が上に上がり、自然とこちらにも見え、再び衝撃が走った。

その女性は嫁だった。

そりゃそうだろう、いなくなったのが嫁と長女。

そして親友とキスをしてたのは長女。

もう1人は必然的に嫁のハズだ。

その嫁の表情は今までに見た事の無い長女以上にウットリとしていて、快感を貪るかのような顔だった。

暫くすると嫁の中から自分の物を抜く親友。

その時の嫁は惚けつつもまだ物足りなさそうな表情だった。

親友がベッドの上に横になると2人とも自分から親友のモノを舐めだす。

その表情は離れたところから見ても分かるくらいウットリとしていて、愛おしそうにでも必死になって舐めていた。

その後、少ししてから2人が離れ、今度は長女が自分から親友に跨り、腰をゆっくりと下ろしながら親友の物を受け入れていく。

腰を降ろしきると何かを噛みしめるようなウットリとした表情になり、その後自分から腰を動かしだす。

ふと、その隣を見ると嫁が物欲しそうな表情で2人を見ながら手を自分の股間に持って行っていた。

暫くそうしていると少し残念そうな表情をしながら長女が親友の上から退いた。

すると今度は2人がベッドの上にうつ伏せに、親友に向いてお尻を突き出すような体勢を取る。

2人の股間を手で暫く弄った後2人の耳元で何かを言っているようだった。

すると嫁は躊躇する事無く、長女は少し恥ずかしそうにしつつも、自分の両手でお尻を開き誘うように腰を振る。

それを見て満足そうな表情をした親友は嫁の方によりゆっくりと嫁に挿入していく。

その時ちらっと見えたし、そんな素振りが全く無かったのだが、ゴムを付ける事無く生で挿入。

暫く嫁とした後は今度は長女にやはり生で挿入。

それを暫く繰り返した後長女に覆いかぶさるかのように腰を打ち付ける。

少しの間じっとしたかと思うと長女の中から自分の物を抜く親友。

すると直ぐに嫁が親友の物を丹念に舐めだす。

それに少し遅れるように長女も舐めだす。

その時の体勢がたまたまだろうが、丁度長女のお尻がこちらに向いており、先ほど親友に中出しされた股間がもろに見えていた。

そうしていると今度は嫁と長女がベッドの上に仰向けに横たわり、親友によく見えるように自分の両手で股を大きく開いた。

その後は先ほどと同じでしばらく親友が嫁と長女に交互に挿入。

更には嫁の上に長女をうつ伏せに乗せさせて、再び交互に挿入し、暫くそうしてから最後に今度は嫁に中出しをしたようだった。

そんな嫁と長女の痴態を見せつけられながら興奮していた自分は、気が付けば1人でしていて、中出しをされた嫁をみて興奮が最高潮に達しその場で出していた。

壁一枚隔てた向こうでは、親友が自分の嫁と長女に好きなように中出ししているそばで自分は外で1人で自慰。

その事を思うと虚しく、そして情けなくなり慌てて片付けて、証拠隠滅を図り、自分のコテージへ逃げるように戻った。

戻って布団に潜り込むも先ほどの事が頭から離れずに勃起も収まらず。

そうこうしている内に気が付けば先ほどの事を思い出しながらまた1人でしてた。

そんな事をしている内に30分、1時間と経過するも嫁も長女も戻ってこず。

「もしかしたらまだしてるんだろうか」

と勝手に想像が膨らみ結局また1人でしだしてしまってた。

そんな事を繰り返している内に流石に疲労困憊になり気が付けば寝てしまい翌朝を迎えた。

こうやって思い出しながら文章にするだけでもまたあの時の興奮が蘇ってきてしまいました。

やっぱり嫁に言う、話を聞いた方がいいんだろうか。

今物凄く揺れ動いてます。

本当にどなたか似た様な状況でどちらかの選択をした、と言う方おられませんか?

是非ともその時の経験を教えて頂きたいです。

宜しくお願いします。