妻が年下独身君と…

閲覧数:77 ビュー 文字数:2811 いいね数:0 0件

妻が今晩、勤務先の歳下独身くんと食事するらしい。

どこで何食べるのか知らんが、妻は昨夜風呂で入念に毛を剃って、風呂上がりに身体に何やら色々つけて、マニキュアとペティキュアつけて、朝おしゃれして出勤してた。

歳下独身くんが、妻と寝たいのかは知らんが、綺麗になる妻を見るのは嬉しい。

日付が変わる頃に帰宅した妻曰く、

「待ち合わせした駅近くで、かるーい食事。彼がお酒を飲まないので、そもそも長くならないのよ。」

と。

「店出ましょうか」

ってことになって、通りを駅から逆に歩き、ホテルを1軒2軒通過して、

「うちに来ない?」

と言われ、

「うんっ」

て返事。

(おそらくすごい笑顔だったんだろうと想像)

程なく、いいマンションに。

「家賃15万じゃ無理ね。20万近くはすると思う」

という部屋は、完璧に掃除が行き届いていて、そこでしばらく、お茶しながらただくっちゃべる。

録画してたドラマだか映画だかを観てて、その女優が妻にめちゃめちゃ似てると年下くんは力説してたそうだが、そんなことよりも、

「さっき”バスルームも自由に使って”って言ってたのは、シャワー浴びてきてって意味だったのかな?」

とか考えてて、その作品タイトルも女優名も、妻は覚えてない。

「多分1時間以上そんな感じだったんじゃないかなあ。」

と言っていたが、何をきっかけにか、ベッドの方に座らされて、しばらくしたら、覆いかぶさってきた。

首筋から胸元にキスされてる時に耳元で

「シャワー浴びてきていい?」

と言って、シャワーに。バスタオル巻いて戻るが、年下くんも浴びるということで、しばらくベッドで待つ。

(シーツがね、すっごい気持ちよかったのよ)

シャワーから出てきた彼と絡み始めると妙に緊張してて可愛かったそうな。

年下くんは

「190まではないけど」

高身長で、長さは

「あなたのより、1センチか2センチ長いかな~、でね、太いの。とても」

「キトウも結構大きいんだけど、とにかく太いから、あなたのみたいにボコってならずに(=カリのこと)流線形なの。…魚雷みたいに(笑」

妻は細身なんだけど、

「実は結構おっぱい大きいですね」

と乳首に吸い付いている時に、

「なんだか可笑しくなってきたんだけど、ちゃんと気持ち良い風にしてたよ。」

と。

どういう流れか、よくわからないけど、妻の乳首の後は、彼の乳首を舐めかえしたそうな。

そして

「もうカチカチになってた」

(魚雷)をフェラ。

妻はいつも通りいきなりパクッとはいかず、裏筋に舌先をしばらく這わせたあとタマを舐めて、次に亀頭を責める。

まあ、彼女なりのルーティン。

「タマタマはおっきくないんだけど、すっごいでろーんって垂れててさ、きっとすっごいたくさん(精液が)出る人なんだって思った。そういうものでしょ?」

いえ、僕は知りません。

「匂いもなくて美味しく頂きました(笑」

とのフェラも、そんなに時間が経たないうちに、

「我慢できない、はいりたい」

と言うので、そのまま跨って生挿入。

キスしたり、乳首舐めたり身体起こして腰を前後させたり、して、体位変更。

正常位になる前に、対面座位でちょっとの間したらしいが

「私あれなんか好きじゃないのよ。動きにくいし」

「年下くん、いくの、すごい我慢してたと思う」

のが理由かどうかはわからないけれど、あまり奥まで突いてもらえなかったのが不満だったようで、相手の腰を妻ががっちりつかんでの正常位。

腰とか尻とか尾てい骨周りとか女の子に掴まれたり足絡められたりと、

「気持ちよくて余計早くいっちゃうよ」

と指摘するも、

「だって奥に欲しいもん」

浅くしかピストンしてないのに、彼は軽く中折れ。

「あれ?」

って言ってて、かわいそうだったから、すぐに体勢変えて、再びフェラ。

「汚いから、触るだけでいい」

と言ってたそうなんだけど、

「きたないって言うけど、私のじゃんねえ。汚くないわよ」

と僕に不満を漏らす。

挿入までの流れで、妻のあそこも舐められなかったし、

「部屋も真っ暗だったから(妻は明るい部屋でするのが好き)多分、私のあそこも見てないと思う」

帰ってきて僕は見ましたよ。

真っ赤かにぷっくら充血してました。

また硬くなって、再度挿入。

中折れする前に妻は一回いったらしいが、2回目のピストン中に、

「中に出してね」

ちょっとびっくりしてたらしいが、

「ピル飲んでるの?」

とも聞かず(飲んでる)、

「いっぱいね」

という妻の再びのお願いに

「うん」

といって、中出し。

「で、一緒にいったの。黙っていくから、タイミング分かんなかったんだけど、ちょうど一緒にいった」

んで12時前に帰宅。

タクシー乗ろうかとも考えたらしいが、駅周辺が混んでて断念。

今まで書いてきた話を聞きながら、妻を脱がせて、ぷっくら充血したところに入れてたら、

「あ、今出てきたでしょ?」

正常位で入れながら、妻のアナルのあたりを触ったら確かにえらく濡れてる。

「いっぱいちょうだい。綺麗にして」

といいながら、やたら興奮して、

「いっぱい出されちゃったのー、中にー」

と言いながら、僕がいくまでに妻は2回いきました。

「今日は4回もいっちゃった。いい日だな~」

その後シャワーから出てきて寝る前に、

「今度する時バックでしてもらおっと」

と言っとりましたが、次があるのかは僕にはわかりません。

会社の同僚だし家庭持ちだし(男からは)深入りしないかもなあとも思うので。

セフレとして非常に優秀な妻ですが、得てしてそれ以上を求めるんですよね~

追伸。

今日子供にバナナをあげてる時に、房に残った一本を持って見せて、

「太さ、これくらいかも」

と僕の耳元囁いてきた。

最初なんのことやら分からなかったんだけど、あ、年下くんのことか、と。

バナナの太さなんて気にしたことなかったけど、言われたらバナナにしてはちょっと見ないくらいに太いバナナでした。

そのバナナの周囲を包むみたいに、親指と人差し指で輪っかにして、その輪っかが全然閉じないのを見せて、ニコって笑ったんですが、勃起しそうになりました。