妻と学生君(3)

閲覧数:49 ビュー 文字数:1688 いいね数:1 0件

出張の時の話な。

俺夕方以降何度か連絡入れたんだわ、嫁に。

最後が10時過ぎかな、子供が寝たばかりだからって、少し怒られてすぐ切ったんだ。

ああ、やっぱ何事もないのなって。

でもレコーダー確認したら、この後一時頃に寝室のドアが開いてさ。

普通に喋り出したわ、二人。

「足音だって響くんだから、周りに聞こえちゃうよ」

みたいに学生を戒めるところから始まってた。

学生はしきりに謝ってたけど、暫く嫁が

「あまり大きな声出さないで」

とか

「こんなの困る」

とか言って。

「旦那が出張なんて言わなきゃ良かった」

て言った後、はぁ~って大きく溜息漏らしてた。

で、

「すぐ帰ってよ?」

て言った後に衣擦れ、そしてフェラのズポズポ音。

嫁としては本番しないで取り敢えず発散させて帰らそうって魂胆だったんだろうな。

いきなり激しかったから。

ジュポジュポの摩擦音の間隔が超速くなってんのが暫く続いて、

「もう~」

て嫁の結構マジでイラつく声が入ってた。

その後もクチュクチュ音が聞こえたからテコキとかしながら只管射精に導こうとしてたんだろう。

けど全然出す気配がなくてさ。

そしたら、

「もう、だめだよ」

「・・・・・・」

「だから、ダメだって」

「・・・・・・」

「やめて」

みたいに衣擦れと嫁の静かに拒否する声が入ってた。

なんか一気に怪しい雰囲気。

その間学生は一切喋らずってのも不気味だったけど。

だけどな、呆気ないのな。

「はぁっ!・・・・んっ!」

て、結構嫁声が出てて。

抑えてるのに不意を突いて思わず漏れた、みたいな。

「あんっ、いやっ!」

「・・・・・・」

「あっ、あっ、あっ、あっ、あっあっ、あっ」

パチンパチンと、控え目なピストンの音。

ああ、挿れらてんじゃん・・・・・。

基本声を必死に我慢してんだけど、すぐ絶頂まで持ってかれたみたいで、小さく

「イク」

て言った後、ハァハァしてるわけよ。

でもいつも通り学生の腰が止まらんみたいで、嫁が

「いやっ」「動かないで」

とか言ってんだよ。

「俺ももうすぐだから」

学生が一言そう言って、いきなり腰早めたっぽいんたけど、ベッドの軋み音ではなくて、床がギシギシ凄かった。

一応マンションなのに、あんな音するのかって位軋んでた。

「ひっ!あっ!くっ・・・・くぅぅぅぅ!」

という抑え気味の嫁の喘ぎ声が最高にエロかったわ。

「あっ!だ、だめ!起きちゃうからっ!・・・・」

嫁がそう言って間も無くかな、学生の

「はっ!うっ!んんん!」

て声がして射精してた。

でその後、ジュルジュルしてからドアの閉まる音。

シャワーでも行ったのか、嫁もそのまま寝室に戻ってこなかった。

それでだよ、翌日というか、その日の午後にまた学生来てたんだよ。

そして二人は一時間ガンガンにセックスしてたって話。

もう本当に無言で只管腰振りに没頭してる感じ?

いやらしいわ・・・

何と無くだけど連続で三回やって、それで嫁がフェラして勃たせてもう一回、でまたフェラして勃たせて・・・みたいな繰り返し。

流石に学生といえども連日四回も五回もするのって大変なんだろうな。

てか、そこまでしてやりたいのかよ、嫁も。

というわけで、出張の時のは嫁的には呼ぶつもりは無かったのに口を滑らしたら襲撃された、みたいな感じだと思う。

子供いるの分かってて襲撃するって、ちょっと流石に頭馬鹿なのかって思うけどな。

まあ、取り敢えず置いといて、じゃあ本日の分はというとこれからです。

因みに、嫁は今のところ全くいつも通り。

いつ言ってくるのかな・・・