痴漢された妻

閲覧数:50 ビュー 文字数:5930 いいね数:0 0件

妻は37歳で和装が似合う、どちらかと言うとお淑やかな女。

実際、茶道を趣味としていて週末には足蹴にお師匠の所に通っている。

夫婦生活は円満だが夜の方は私がED気味な事もあって年に数回ある程度だ。

妻はその事に不満を漏らしたりはしないが、女盛りの肉体はいざ事に及ぶと乱れっぷりは相当なものだった。

ある日妻と休日に城址で開かれるお茶会に同伴した日の事。

行きはそうでもなかったのに、丁度沿線にある競馬場でレースが開催される日だったのか帰りの電車はその客で超満員だった。

しかも客層が相当悪い、酒が入っているのは当たり前で浮浪者の様な輩もいる。

妻は顔をしかめながら私と離れないようにしていたが、電車の横揺れで少し間が空いてしまった。

暫くすると妻の様子がどうもおかしい。

満員電車で着物を着ている事もあってか顔が苦しそうにしている。

私が目で大丈夫か?と問いかけても小さく首を振るばかり。

間を詰めようにも身動きが出来なかった。

十分程したら次の駅に到着するのでそのタイミングで一度妻と降りようと考えていた。

妻は段々顔が上気し始め、酸欠状態のように見えた。

妻の背後を見ると明らかに酔っ払った小汚い男が張り付いている。

しかも満員電車とはいえ明らかに距離が近い。

痴漢されている!

と気付くと、妻の苦悶の表情が苦しさからくるものでは無く、SEXの時に見せる顔だという事に気付いた。

妻に必死に近づこうと少し位置を変えると、丁度妻の尻が汚い男の手で撫で回されているのが見えた。

苦悶の表情の妻、ニヤニヤと笑う汚い男、撫で回される尻を交互に見ていながら怒りと共に暫く忘れていた性的な興奮がムクムクと立ち上がってきた。

私は血走った眼をしながら男に対する怒りと共に、ある種の期待を込めた眼差しを送ってしまっていた。

あまり抵抗のしない妻に対し図に乗った男は段々とエスカレートしていき、着物のおくみの部分から手を突っ込み真っ白な太腿を摩り始めた。

私は真っ白な太腿とこの満員電車の不快な光景のギャップに頭がクラクラとした。

妻は着物を着るときは肌襦袢のみで下着は身に付けない。

つまり男の手が陰部に到達すると直接触れられてしまう事になる。

妻はそれだけは避けようと身体を捩り小さな抵抗をしていた。

ふと、一瞬妻の動きが止まる。

それから暫くは俯いたまま何の動きもみせなくなった。

男の手が陰部に到達してしまったのが明らかだった。

それからの妻は身体を微妙に揺らしながら、時折私に訴える様な視線を送りすぐにまた逸らす。

上気した表情は完全にSEXの時のもので小刻みに肩が震え始めた。

もう限界だと我に返った私は満員電車の中ではあったが妻に次の駅で降りようと大きな声を掛けた。

妻は安堵の表情を浮かべたが、次の瞬間両目をギュッと閉じて身体がガクッと、膝が笑ったかの様な状態になった。

暫く惚けた表情をしていた妻が眼に涙を浮かべ此方を見ている。

背後の男は勝ち誇った様な薄ら笑いを妻に向けている。

おそらく絶頂したのだろうと解り私は絶望感で一杯になった。

次の駅で妻の手を強引に掴みこの忌々しい電車を降りた。

妻は静かに泣いていた。

私は妻の肩を軽く抱き、助けられずすまなかったと詫びた。

妻は震えながら私から離れようとはせず、結局電車を数本見送って帰宅の途に着いた。

妻は帰宅して直ぐに着物を脱ぎ捨てると直ぐに風呂を用意し無言で駆け込んだ。

私はいきり勃った陰部を隠しもせずに妻の後を追った。

浴場で身体を洗う妻の背中から抱きつき、後ろから問答無用で貫いた。

妻は動揺を隠せずにいたが、浴槽のへりに手を付き、久しぶりの私のモノで貫かれる感触を感じているようだった。

「あなた、どうしてしまったの」

「汚れてしまった身体をもっとよく洗わせて」

快感に耐えながら妻が呟く、私は更に興奮し激しく腰を叩きつけるようにして果てた。

二人暫く風呂場で惚けていると妻から

「どうしてしまったのですか」

と再び尋ねられた。

私は、私の物を汚い男に汚された事に対する怒りと、どうしようも抑えきれないこの性欲を説いた。

「貴方がこんな事で私を愛してくださるなら、私はいつでも貴方の望む事をします」

と俯き加減で控えめに言った。

妻が通う茶道のお師匠は50代後半ではあるが背筋がスッと伸びた上品な出立。

私は縁あってこのお師匠と釣り仲間になっており、普段はお茶会の時からは想像も出来ない茶目っ気を見せるお師匠に全幅の信頼をおいていた。また常々今時珍しい淑やかな我が妻を誉めて頂いていた。

お師匠は若くして妻に先立たれ一人寂しい生活を送られていた。

私はED気味で妻に寂しい思いをさせている事に悩んでいた。

そんなお互いがざっくばらんに性的な話をするのも自然な成り行きで、今回の私の提案には驚きつつも、喜んで合意して頂いた。

お師匠の本音を聞き出すと、我が妻を見ていて性的な興奮を覚える事が度々あったそうだ。ただ私との関係、自らの歳も考えると手を出してはいけない高嶺の花と思うようにされていたとか。

あの電車での一件から、これまでED気味であった私は若干の回復傾向にあった。

多い時は週に2度程の営みが出来るようになっていた。

妻はこれ以上ない程に喜び、私が要求するままに受け入れ、且つ乱れ様も女盛りのそれであった。

お師匠との交わりを提案したのは一戦を終えた床での事。

妻は大層な驚きを見せ、またお師匠が自らをその様な眼で見られていた事にも驚きを隠せない様子であった。

私が話を説いている最中にも恥ずかしながら痛い程の勃起をみせる我が愚息、私といきり勃った愚息を交互に見つめ、黙って淑やかに頷く妻であった。

約束の当日、妻は念入りに風呂に入り、和装に着替えた。

無論、今回も下着は着用していなかった。

私は緊張で眩暈を起こしそうな妻が急に愛おしくなり抱きしめながら

「無理はするな」

と声を掛けた。

その時私は妻の

「やっぱり出来ません」

の言葉を待っていた気がする。

しかし妻は反して

「貴方に喜んで頂けるなら」

と眼を伏せた。

今更ながら激しい動揺が私を襲ったが、もう意思は揺らぐ事は無くなった。

普段妻が通っている道を二人無言で歩く。

何気無い明るい外の景色がこれから始まる淫靡な時間を想像し難いものにしていた。

お師匠は私とのプライベートで見せる顔とは大きく異なり、厳粛な雰囲気で言葉少なに我々夫婦を迎え入れて頂いた。

妻はお師匠の顔をまともに見る事は出来ず俯くだけであった。

通された部屋は普段使用している茶室では無く、普段入る事の無い奥の間。

襖を開けるとそこには、座布団が上座に一枚、下座に二枚の少し寒々とした客間。

更にその奥の間への襖が少し開かれており、そこから布団が一組辛うじて見えていた。

厳粛とした客間の雰囲気が、少しだけ覗いた奥の間の圧倒的な淫靡さを際立たせていた。

私は胸が苦しくなる程の緊張と後悔、また同じだけの期待を覚え、立っていられなくなり早々に座布団に尻を着いた。

お師匠はただ、我々夫婦を見つめて

「本当に宜しいのですか」

とだけ問うた。

二人が揃って黙って頷くと、お師匠はニッコリと破顔し、妻を呼び寄せる。

妻は私の顔を見つめ私が頷くのを確認しながらお師匠の元へ行き跪いて

「宜しくお願い致します」

と三つ指をついた。

お師匠は妻のか細い腕を引くと、優しく妻の唇を奪った。

妻は驚きで眼を見開いていたが、直ぐに眼を閉じなすがままとなった。

お師匠はしな垂れた妻の尻に手を這い回す。

やがて接吻も激しさを増し、妻は舌を入れられながら私に視線を送ると、その綺麗な顔を益々上気させていた。

長い長い接吻が終わりお師匠は妻に着物のおくみを自ら開く様に指示をした。

その口調は穏やかで妻も普段の教室の指導の様に素直に従った。

地味な草色の着物から眩しい程の白い太腿が露わになるとお師匠の手が優しく、またいやらしく這い回る。

妻は上気した顔を手で覆いながら身体を時折ビクビクと震わせながら、私に顔を見られないように身体を背けた。

太腿に執拗な愛撫を繰り返された後、お師匠は妻に耳打ちをすると妻は静かに頷き、身体をお師匠の正座をした膝の上に伏せた。

お師匠はゆっくりゆっくりと着物の裾を捲り上げ、白桃の様な妻の尻を露わにさせた。

それから右手で尻を撫で回し、左手で妻の唇を弄ぶ。

段々と妻の口から喘ぎに似た鳴き声と深い溜息が漏れ始めた。

お師匠の右手は段々と秘部に近づいていき、また妻の脚も自然に開かれていった。

厳粛な雰囲気の客間にて、お師匠の膝の上に寝そべり、その尻を出しては息づかいを荒くしている異常な光景を私はいきり勃った愚息を隠しもせず、ただただ見守る事しか出来なかった。

妻の秘部を静かに弄りながらお師匠は左手の人差し指を妻の唇に当てる、妻は教えられた訳でも無くその指を眼を閉じながら長い舌を出して舐め始める。

普段の淑やかな姿からは想像も出来ない痴態。

上の口、下の口からピチャピチャといやらしい音が静寂の部屋に流れる。

妻の秘部は遠目からも濡れそぼっている様が見え、脚も既にだらしがなく開かれていた。

妻は段々とその喘ぎ声を高くしていき、それに伴いお師匠の右手も力強さを増していった。

その指遣いは決して乱暴なものでは無く、一回一回の指の出入りを味わうかかの様な丁寧なものだった。

妻は身体を震わせながら

「ああ、貴方、、、ごめんなさい」

と小さな声を絞り出すと、遂には脚をピーンと伸ばし、絶頂を迎えた。

妻はぐったりとその身体をお師匠の膝に預け自分の指を噛みながら肩で息をしていた。

お師匠は少しの間それを満足そうに眺めていると、直ぐにまた右手を妻の秘部に這わせ始めた。

妻はビクッと反応しイヤイヤと首を振ってお師匠の膝の上から逃げようとする。

お師匠は左手で帯山をガッチリと掴み逃げようと這いずる妻を引き戻し、先程とはうって変わった粗雑な指遣いで激しく秘部を掻き回す。

妻は悲鳴にも似た嬌声をあげ、

「堪忍して、堪忍して下さい」

と懇願するがお師匠の手は止まらない。

妻はその秘部からは私が始めて眼にする飛沫を吹き出し、驚く程早くに二回目の絶頂を迎えた。

お師匠はぐったりとなった妻に再び耳打ちをすると、妻はフラフラと立ち上がり着物の裾を調えもせずにお師匠の目の前に跪く。

丁度私にそのめくれた尻を向けながら妻はお師匠の着物の合わせを不器用に口で解いていく。

段々と露わになるお師匠の逸物はその穏やかな見た目とは裏腹に、禍々しく黒づいた色と圧倒的な大きさを持っていた。

妻は一瞬躊躇しながらもその禍々しい逸物に溜息をつき、舌を這わせ始める。

お師匠は妻の尻越しに私にニッコリと微笑みかけ、気持ち良さげに眼を閉じる。

妻の小さな口にあの大きな逸物がはいっているのか、背後からでは確認は出来かねるが、ジュブジュブと淫猥な音を聞く限りは咥え込んでいるのは明らかだった。

お師匠は暫く妻の口を味わった後、屈んでまた耳打ちをすると妻はイヤイヤと咥え込みながらも首を振る。

更に耳打ちをされると、なんと妻は私に向かって露わになった尻をゆっくりと振り始めた。

私はそのいやらしさ極まる姿に、後ろから妻を貫きたくなる衝動を抑えるのに必死であった。

我が愛する妻が他人の逸物を咥えながら濡れそぼった秘部をむき出しにして尻を振っている。

お師匠が三度妻に耳打ちをすると、妻はお師匠の前から一旦引き、三つ指をついてお辞儀をする。

「お師匠の逸物をわたくしに下さい」

お師匠は

「先程教えた通りに言いなさい」

と冷静に言い放つ。

妻は再びお辞儀をしながら、震える声で

「お師匠の逸物を私の、お、おまん、こに、、入れて下さい」

妻の普段絶対に言わない信じられない単語を聞き、ハンマーで頭を打ち据えられる程の衝撃を受けた。

お師匠はニッコリと頷くと、妻に私の目の前で着物を脱ぐように指示を出す。

妻は心なしかいそいそと着物の帯を解き、その身体を露わにしていく。

産まれたままの姿になると、スッとお師匠が妻の背後に立ち、私の目の前でその控え目な胸を揉みしだき始める。

妻は喘ぎ声を我慢する様に自らの指を噛み、私から眼を逸らす。

お師匠はまた耳打ちをすると妻は観念した様にお師匠と共にしゃがみ込むと私の目の前脚を投げ出した。

お師匠は両手で妻の両足を割り、その秘部をむき出しにさせる。

イヤイヤと顔を振る妻は脚に力が既に入らず、されるがままに私に痴態を晒している。

お師匠は再び妻の秘部に手を這わせ、私に見せつけるかの様にピチャピチャと音を立てて弄ぶ。

「ああ、貴方、見ないで」

顔を私に見せまいと、お師匠の胸に顔を埋めている。その姿が更に私の嫉妬を激しく煽る。

お師匠は

「そろそろですかね」

と言うと、私に一礼をしフラフラになった妻の手を取り奥の間に入っていった。

私はその場を動く事が出来ず、わざと少しだけ開けられた襖から見える二人の重なった肌を見ながら激しく勃起した逸物を扱いた。

「うぐぁ」

妻の嬌声がが響くと、直ぐにユラユラと前後に揺れる肌。

「あがぁ、ああ、、、」

あの逸物に貫かれた妻の絶望感をその声でひしひしと感じた。

それからは只二人を遠目に見守るしかなく、長い長い倒錯の時間を過ごす事となった。