嫁と他人棒

閲覧数:353 ビュー 文字数:1139 いいね数:0 0件

30歳になる妻を説得してやっと日曜日に実行できましたので今まで色々と妄想させていただいたこのスレに報告します。

妻に理解を得た条件は私同行で知らない人とのプレイ。

ネットで募集し念密に打ち合わせ済みの40前半の男性と某イオンの駐車場で合流、妻と男性を後部座席へ座らせ私は小一時間かかるホテルへと運転しました。

妻と知らない男性が後部座席というわけのわからない状況ですがこの時点で私の股間は嫉妬心と不安感ではち切れそうになっています。

事前に男性には移動中に自己紹介など雑談が落ち着いたら妻へと手を伸ばすようにお願いしていました。

ある程度挨拶が済んだところでバックミラーを覗くとすでに2人は指を絡める形で手を繋いでいました。

妻は下を向いてなんとも言えない表情です。

私は現実を直視するのが辛くなりホテルに着くまではチラチラ見るのが精一杯なのと同時に射精してしまいそうなほど興奮してました。

後日男性から聞いた話では、手を繋いでまもなく妻の冷たかった手が火照るように汗ばんだらしくキスをし舌を入れたらすぐに舌を絡めてきたらしく、ジーンズに手を入れるとすでにヌルヌルだったとの事です。

キスは何となく雰囲気感じましたが手を入れていたのは知りませんでした。

某ホテルに到着し私はソファーにすわりすぐに、妻と男性にお風呂を進めると妻は何とも言えない不安そうな表情を見せましたが男性に手を引かれ奥へと行きました。

私の位置からは脱衣所?が見えないので不安と嫉妬感をごまかすためにタバコをひたすら吸いながら待ちました。

男性の報告ですと車の中での行為が妻にも火をつけたらしく激しいキスで舌を絡ませながらお互い服を脱いで妻の手を股間へ誘導すると自然に握りさすってきたらしく、風呂の中ではまるで恋人かのように体を洗い合いフェラまでしたようです

2人が風呂から戻ると男性が妻の手を引いて布団の中へと、、布団の中の2人ですが私の前だからなのか妻はなんとなく距離を取り並んでいます。

ですが布団の中へ入って間も無くお互いの股間をさすりあいしてたらしく、、、

あとは男性の言葉責めで何度もいかされるドm妻を間近にひたすら嫉妬感と敗北感を味わいながらビンビンの自分の物をさすりました、、、、

日曜日以降、今まで以上に妻を愛おしくなりほぼ毎日SEXしています。

車の中での事や、プレイ中のことを責めると妻はすごく感じます。

私も男性の本質なのか荒々しく腰をぶつけてます。

興奮したのは事実ですが何度も体験したくはない気持ちになりました。

ですが一生わすれない興奮を覚えたのも確かです。

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。