町内会のキャンプで

閲覧数:296 ビュー 文字数:1431 いいね数:1 0件

嫁と一緒に行った町内会のキャンプで少し悪戯された話を。

嫁はAカップに近いBカップで、自分の胸には魅力が無いと思い込んでる節がある。

だからいつもパンツのラインは気にする癖に胸元がやけに緩い。

屈んで胸元がパッカーしてても手で隠そうともしないし、モロに周りに見られてても御構い無し。

見かねて一度注意した時も

「こんなオッパイ誰も見ないよー」

と笑い飛ばされた。

キャンプの日も胸元がそこそこ緩い服着てたから、オヤジ共に存分に視姦されまくってた。

それ位なら俺もいつもの事であまり気にしてなくて、逆にズリネタにされたら、って興奮する位だった。

夜になってコテージで飲み直した時に皆酒が進んで絡まれだした。

嫁は貧乳で風呂あがりはいつもノーブラ。

流石に皆がいる時はブラ位付けてくると思っていたら、見事にTシャツに2つのポッチ。

当然大視姦大会になってた訳だが、手の届く近くにノーブラの女がいたら酔っ払いじゃなくても絡みたくなるわな。

嫁はあまり酒は強い方じゃないのにお酌に回って逆に散々勧められてハイピッチで酔ってた。

俺は少し期待しながら酔っ払ったフリしながらチラチラ見てるだけだった。

嫁も段々絡まれ始めてヤバイと思ったのか、お酌をやめて俺の隣に逃げてきた。

諦めの悪い酔っ払いも何人かいて、たいして普段仲良くもないのに俺たちの周りに座って話し掛けてくる。

適当に話ながらも嫁のポッチをガン見。

妙に距離も近い。

他の奥さん達も酔っ払ったり眠くなったりで旦那を放っておいてポツポツとそれぞれの個室に帰っていく。

良識ある女性陣があらかた引けた所で、嫁を残して悪戯心でトイレに立った。

嫁も慌てて着いてこようとしたが、

「すぐ戻るから」

と宥めて残した。

まだ酔っ払いとはいえ女性も数人残っていたので流石に大事にはならないだろと俺も少し酔っ払ってたのかもしれん。

トイレに行ってそのまま外で暫く煙草をふかしながら、

「少しは悪戯されてるかなー」

と結構気楽に考えて少し興奮してた。

多分席を立って20分程度だと思う。

そろそろ戻って覗いてやろうと宴会をやってた広間に戻ってみると、嫁と周りにいたオヤジ共の姿が何処にも無い。

サーっと火照った頭から血の気が引くのが解った。

慌てて近くにいた年増の奥さんに嫁の居場所を聞くと

「ああ、さっきお酒取りにキッチンに行ってたよ」

との返答。

何故周りにいたオヤジ共がいない?

焦りながらキッチンに向かうと、こちらに背を向けてキッチンカウンターで2人のオヤジ共に挟まれて座ってた。

嫁は乳首が非常に敏感で、いつも乳首弄られるとチンコ入れるまで何も手につかなくなる位乱れる。

オヤジ共に挟まれた嫁に後ろから声をかけるとオヤジ共がビクッと罰の悪そうな感じで振り向いて「介抱してた云々」と酔っ払ったふりして逃げていった。

嫁はボーっとした顔で惚けていたが、胸を見ると明らかにポッチが立ってる。

「絶対悪戯されてたわー」

と凹んだが、嫁が俺に気がつくと、血走った目で直ぐに俺の手を引いて部屋に連れ込まれた。

あとはご想像通り。

盛りのついた嫁に乗られてガンガン腰振られたって話。