19歳のK君に

閲覧数:61 ビュー 文字数:992 いいね数:0 0件

俺30歳。

顔十人並。

マッチョ体型。

チンポは平均よりやや小さい。

早漏。

多分テクも未熟。

嫁32歳。

168cm巨乳巨尻。

いかにも気の強そうな顔立ちで、事実相当に気が強く、辟易すること多々あり。

姉御肌で職場での人望は厚い模様。

経験人数は俺含め7人。

嫁の好みは、顔は二の次でまずは体型。

ガッチリ、マッチョが好み。

中性的なのは好みではない。

酔うとかなり淫らになる。

セックスでも気丈。

Mっ気あまりない。

夫婦に子はいない。

NTRプレイを打診するも良い返事もらえず。

粘り強く交渉するも後一歩及ばず。

強攻策に出ようと決意。

俺、パチンコ屋で19歳のK君と知り合う。

馬が合い、意気投合。

飲みに行ったり、スパ銭に行ったり(K君はかなりの巨根だ)と付き合いを重ね、互いに何でも話せる仲になる。

何度か家に連れて来て、嫁もあの子はいい子だとK君を気に入る。

K君に俺の願望を打ち明ける。

驚くが同意を取りつける。

k君は雰囲気イケメン。

痩身。

中性的。

性の対象としては、嫁の好みではないだろう。

俺の家で3人で酒盛り。

嫁を酔わせる。

話を下ネタに持っていく。

酔った勢いか、嫁もノリが良く、大いに盛り上がる。

さらに嫁を酔わせ、やや強引ではあったが3Pに持ち込んだ。

嫁は最初は抗うが弱々しい抵抗。

K君フル勃起。

嫁、K君のイチモツみて驚愕。

口がポカーン。

嫁の目に、明らかに動揺が走っている。

狼狽える嫁に、二人で全身愛撫。

嫁大いにヨガる。

でき上がったとこであとをK君に託し、俺はベッド横で体操座り、傍観。

腕相撲ではK君が両手使っても俺は楽勝だが、セックスでは大敗北。

若いくせにテクもあるようだ。

K君の精力と巨根には嫁為す術なく、完全服従。

セックス終了後、嫁は轢かれたヒキガエルのように這いつくばって虫の息。

女傑と言っていい、男勝りで気の強いが、決してタイプではない男に屈服させられる様子は、壮観だった。

一昨日の出来事でした。

チラ裏恐縮。