嫁と友人と

閲覧数:70 ビュー 文字数:1013 いいね数:0 0件

今夜は友人と3Pの予定。

あれほど嫌がっていた嫁が今では俺の前で友人に抱かれて声をあげる様になった。

嫁曰く

「凄くエッチになってきたみたい。貴方のせいだからね」

今も興奮して寝られない様なので一戦交えたところです。

あと3時間しか寝られない。仕事中ねちゃいそう。

第一夜。

私に見られるのを嫁が嫌がったので寝室を使わせたのだが、友人が照れくさそうに出てきたのは1時間以上経ってから。

嫁の状態を見に寝室に入ったら、匂いが充満してる中でぐったりとうつ伏せになっている。

気持ち良かったか聞こうと体に触れると、

「感じるから触らないで、おかしくなりそう」

とのこと。

見たら分かる、愚問でした。

シャワーを浴びて少しお酒を飲んでからやっとお許しが出て私の出番。

嫁が敏感になっていて少し動いただけで何度も逝ってギブアップ。

私は発射出来ず。

シングルベッドをくっ付けているので、友人を嫁のベッドに一緒に寝させて、三人一緒の寝室で就寝。

翌朝私と友人が先に起きたので二人で嫁を愛撫して、私に促されて友人が嫁に挿入。

初めて嫁に他人棒が出入りするのを見て、嫁の中に出した友人の精液がドロッと出るところまで。

第二夜

それからほぼ毎週末は友人が泊まりに来る。

慣れとは怖いもので最近は新しい刺激を求めていて人に話してみたくなる。

世間と対決する位に勇んで初めた関係だが、少なくとも私は単なる変態だったようだ。

日常から離れた状況で興奮する質で、友人が休みを取って嫁と絵画展に行くというので前日から来て貰い、私が朝食を食べている前の椅子で、友人のを嫁がくわえているのを見て、大きくなったものにまたがって腰を動かし出したところで出勤したが、その日は仕事にならなかった。

第三夜

暫くして嫁から連続は感じ過ぎて良く無いので、余韻を楽しむ間隔をおいて欲しいと言われたのだが、女性によるのだろうか?

やっている最中にもう一人を口でするのも興奮するが、気が散るのであまり良くないとのこと。

だから、3Pと言っても観たり胸を愛撫するだけとなってる。

ランジェリーショップでは他の客は帰るし、混浴ではオフ会と間違われて話しかけられたり、かなり奇異な目で見られるがそれには慣れた。