女好きの友人に寝取られた妻

閲覧数:259 ビュー 文字数:2510 いいね数:0 0件

私37歳、妻33歳子供なし。

家の妻は年齢の割には容姿も悪くなくて胸もDカップ。

そんな妻を勤め先のオーナーの息子でもあり、口は堅くて信頼できるが、女好きが玉に瑕の昔からの友人Nに口説き落としてもらった。

Nも妻に目を付けていたが、私の嫁ということで手が出せなかったようだ。

かなりの難攻不落だったようで、あの手この手で攻めたらしいが、私に関する愚痴を聞いてもらっているうちに徐々に気を許すようになり、4か月前ついに妻は陥落。

N曰く

「お前には勿体ない女だよ、すっごく良かったよ」

とご満悦。

今朝もそうだが、陥落されてからというものTバック下着を穿いて出勤すると、決まってお昼に

「残業で帰りが遅くなるから」

とメールが来る。

そしてNの別宅でハメられて夜中に帰宅してくるパターン。

最近の報告では妻も様子が変わったようで、一年近くレス続きの私も変わった姿を見てみたいと思い、今日こそはとNに

「今夜、覗き見させてくれ」

とゴリ押しでお願いしたら何とか了解してくれた。

今すごく興奮している私、今日の午後からは仕事ができる状態じゃなかったです。

よろしかったら夜中に報告させてもらいます。

妻が到着する前にN別宅へ行き、別室でモニター監視が出来るようNと器材をセッティング。

ベランダでも覗けるようにも細工。

しばらくして妻が到着。

Nと食事を済ませ、シャワーを浴び、バスタオル姿で寝室に現れた。

妻はカメラに気付き、ハメ撮りと思ったのか

「やだぁ~、恥ずかしい~」

と言ったが、Nに背後からバスタオルを外されセクスが始まった。

友人とはいえ、私以外の男に濃厚なキスはするわ、おっぱいを鷲掴みに揉まれるわで…。

妻も積極的にNの股間に顔を埋めてフェラ。(少し興奮)

それからNに手マン&バイブ攻撃で散々焦らされ、

「早くちょうだい!」

とチンポを強請る妻にNはゴムを装着して合体。

後ろから前からと体位を変えながらNの攻撃に晒される妻。

Nは別室に居る私を意識してか、妻に

「中出しさせてくれないと、イカセてあげないよ」

と容赦のない寸止め攻撃。

「そんなのダメ~~!」

と妻も執拗に抵抗を見せたが、数十分で陥落。

妻:「お願い…出して…私の中でいっぱい出して!」

とカメラ目線で言っては、自らデカチンのゴムを外しては手で再挿入。

そしてNは妻の中で果てた。

今までマグロ女と思っていただけに、ここまで変わるとは思わなかった。

Nの抜いたチンポを妻はお掃除フェラをするが、何故か突然に泣き出した。

二人がシャワーを浴びている間に別宅を後にしたが、妻から

「今夜はビジネスホテルに泊まるから」

と嘘メール。

Nからは

「嫁さんはうちで泊まる。明日、嫁と俺は有給休暇にするよ」

とメールあり。

明日も妻はセクス漬けにされるようだが、中出しと妻の涙が非常に気になりますが、それでも今夜は思いっきり興奮しました。

早朝に妻を一旦帰すからとNからのメールがきた。

しばらくして

「ごめんね~」

と妻が帰宅。

私と普通に淡々と会話はするけど、妻は目を背けてばかり。

ご飯を食べてから、N好みのエッチな下着と服を着替えて再度Nの元へ。

「今日も残業だけど、なるべく早く帰って来るから」

と嘘をついて…。

そして今から30分前に帰宅したらNからメールと動画が届いていた。

「だって・・・気持ちよすぎて、腰が止まんないの!」

と馬乗りになって激しく腰を振る妻。

昨夜は薄暗くて分からなかったが、妻のアソコにキラッと光るものが…。

(アクセ??…んんん)

もう一つのファイルでは、Nにバックからズンズンと攻め続けられ、既に妻はボロボロ状態。

N:「●●●(妻の名前)どうするの?止めちゃうよ」

妻:「やめないで・・・!」

N:「じゃあ、どうしたいの?」

妻:「できちゃってもいいから…だから、やめないで!!」

そしてNの腰が猛スピードで突きまくり、妻の中で爆発。

そして妻はうつ伏せのまま垂れ流してグッタリ。

(少し痙攣ぎみ)

今日まで、あんなに淫乱な妻を見たことがありませんでした。

興奮もしたし、改めて妻の魅力を再認識した思いです。

Nからのメールで22時までには帰すとのこと。

よろしければ妻が帰宅した後、また報告します。

21時40分頃、何事もなかったように妻が帰宅。

寝室で服を脱ぎ、バスタオル巻いて浴室へ。

その間に妻のカバンの中を物色したが変化なし。

やっぱり入浴時間が普段よりも結構長かった。

それから家事を済ませてから私の隣に座り、普段は呑まないお酒(チューハイ350ml)を呑みだした。

妻は落ち着かないのか2缶も空けた。

妻は平静を装っていたけど、私が妻の手を握ると、少し震えだし、ちょっぴり掌が汗ばんだ。

「どうしたの?」

と訊けば

「なんでもないよ、ちょっと酔いたい気分になっただけ…」

と答える妻。

今、妻はお酒に酔って熟睡中なので洗濯機の中も物色。

穿いて出掛けたTバック下着がない。

(下着フェチのNに没収されたかも?)

例の股間のキラ光が非常に気になっていたので、寝ている妻の股間を下着の上からそっと触ってみた。

少し硬く突起していたのでパンティーを捲ってみた。

思ったとおり、極小のリングがビラビラに…。

大いに興奮はするが、なんだかちょっぴり嫉妬。

そこがNTRなんだろうけど。

今後、私たち夫婦に変化があれば、このスレで再度報告したいと思います。