シンガポールから来た研修生

閲覧数:36 ビュー 文字数:1554 いいね数:0 0件

はじめてカキコします。

最近の話です。

私は33才、妻は28才、子供3才(女)まぁ小さい工場(笑)で一応課長していますが、レンタル妻の魅力にとりつかれ、いつかはと思ってました。

でも実際にする勇気もなく妻も嫌がっていたのに…。

きっかけは以外なとこにあるものですね。

私の勤める工場に一ヵ月間シンガポールからシェイという24才の青年が研修に来ていました。

彼は私の下で日本人以上によく働き、明るくまじめな男でした。

私も彼に親近感を持ち、彼も私を信用してくれました。

シェイは1ヵ月よく働き、帰国前になにか日本のいい思い出を作ってやりたいと思い、一泊二日で近場の温泉に誘ったのでした。

私と妻とシェイの三人で…。

子供は妻の実家に預けました。

その時はレンタル妻のことなど考えてもいなかったのです。

妻とシェイは研修中に数回会っている(挨拶程度)ので面識はあったのです。

三人で温泉と食事を楽しみました。

もちろん混浴じゃないです。

彼は大変喜んでいたのです。

そして10時すぎからドラマが始まるのです…

その頃には妻とシェイはすっかり打ち解けていました。

私はアルコールが弱い方なので生中を2杯飲みかけたところで気持ち悪くなってしまいました。

対して妻とシェイは平気で飲み続けていたのです。

吐き気がするので隣の部屋で寝ていると告げ、私は隣室で寝てしまいました。

二人はそのまま飲み続けています。

3時間くらいすぎてから目が醒めました。

すっかり気分もなおり、元の部屋に戻ると…。

二人はすっかり寝ていました。

テーブルをはさんでシェイは仰向けに妻はテーブルにうつ伏せで。

二人を布団にと思ったのですが、何故か急に淫らな考えが頭をよぎったのです。

考えるより行動していました。

妻をシェイの隣に並べて寝かせたのです。

妻の浴衣は大きく開き下着が丸見えです。

二人は眠ったまま…私の心臓はドキドキ、アレは爆発寸前です。

さらにエスカレートして…。

妻のブラをずらしパンツを膝まで降ろしました。

91の乳房と陰毛があらわになりました。

私は隣室に戻り襖を少し開け、こっそり二人を覗いていました。

アレをしごきたいのを我慢して。

いえ我慢出来ないくらいです。

でも二人は眠ったまま…

このままでは面白くないので、シェイの足を揺らし、すぐに隣室から二人の様子を見ていました。

しばらくするとシェイが目を覚まし、隣の妻に気付き驚いた様子でしたが、シェイはじっと妻の体を見ているのです。

オスになりました。

シェイは妻の乳房に手をのばしたのです。

しばらく乳首をもてあそぶと妻も目を覚ましました。

嫌がる妻に半ば強引にキスをすると妻も観念したらしく、シェイに体を触らせ始めたのです。

絡み合う白と茶色の肌。

途中、妻が私の様子を見に襖を開けにきたので私はすぐに布団の中で寝たふり。

寝てるとつぶやくとまたシェイの元へ。

今度は完全に襖は閉められました。

見ることは出来ませんが、襖の隣から押し殺したような妻の甘い吐息(声?)それを聞きながら二人の絡み合う体を想像して、夢中でアレをしごいたのでした。

そんな狂おしい夜の途中、いつのまにか眠ってしまった私。

次の朝は何事もなかったように三人。

数日後シェイは帰国しました。

思い出を作ってもらったのは私かもしれません。

長文ありがとうございました。