嫁を交換(後日談)

閲覧数:80 ビュー 文字数:2022 いいね数:0 0件

しばらくたったある日、友人嫁から主人と泊まるとさっき連絡があった。

なにか楽しそうな声だったから先日俺が友人嫁抱いたことは大丈夫のようだ。

友人と友人嫁きた。

友人嫁制服姿。

俺嫁、友嫁ふたりともかなり酔ってきた。

そろそろ友人と共謀してアルコール強いカクテル出す…あと30分位で爆睡するはず…。

俺と友人は途中から水割り(本当に水と氷)飲んでるからな。

彼女たちはそろそろ限界みたいだ。

友人と協議してお互い別嫁を一緒に脱がせて身体検査にした…どうせ脱がすことだし実況ならこれが楽しいだろ?。

まぁ風呂に入るとか嫁たちは言っていたが俺たちからすると汗の染み込んだ匂いがいいからな。

現況。

飲んでいた部屋の隣のリビング。

俺嫁も友嫁も仕事から帰ってきたままの服装で泥酔爆睡で仰向け。

友人が俺嫁を、俺が友嫁を脱がせる。

スタート。

まずはお互い生存確認。

息してるし問題ない。

俺嫁看護師だから今度は制服プレーしたいとか友人が言ってるがとりあえず無視…。

友人が俺嫁のセーターを捲る。

俺は友嫁の白ブラウスのボタンをはずす。

お互い嫁は寝息を立てぐっすり。

快眠してもらうためアイマスクと耳栓を両嫁に着用。

友人は俺嫁のシャツを捲っている。

俺は実況兼ねているからまだ友嫁のブラウスのみ。

俺嫁のスカートを友人がファスナーを開けてゆっくりと脱がしていく。

こんなときにロングスカートだから脱がせにくい様子。

俺は友嫁、こちらは窓口営業だからタイトスカート…こっちも脱がせにくいぞ。

俺嫁のパンストと友嫁の黒透けパンスト…これも脱がせにくい。

こんなに苦労するもんなんだなぁ。

下着は俺嫁は不揃い…すまん…やすもんだ…友人も苦笑い。

友嫁は流石…上下可愛らしいセット。

まぁこれからは互いに部屋に入ることにする。

俺が隣の寝室。

友人が残る。

いま友嫁は俺のよこでグッスリ。

途中起きたが受け入れてくれた。

俺嫁も起きたみたいだが、…喘ぎ声は全くなかった。

いま確認したら友人と仲良く寝ている。

俺嫁は友人が起きんとわからん。

友嫁でいいなら。

まぁさっき方向した通り部屋を別々にして友嫁を寝かせた訳だがアイマスクだけして耳栓はとったよ。

可愛らしい小柄な友嫁は気持ち良さそうな寝息を立てて寝てる。

その友嫁にキスをして舌を舐めようとしたら軽く噛まれて。

寝ている状態でディープは危険…教訓…。

ゆっくり首筋や腋下などを舐めて友嫁の汗の匂いを楽しみちょうど寝返りで横を向いたときにブラフックをはずして緩める。

軽く仰向けに戻してブラを捲ると小さめのおっぱい。

乳首は可愛らしく突起して乳輪が少し広いかな…。

ただ予想外の出来事が…

乳首を吸うと息が荒くなり目を覚ました様子でどこ…とか呟き始めたから耳栓とアイマスクを外す。

前回は全く起きなかったけど今回は飲みが足りなかった様子。

友嫁はなんで、どうしてと言っていたが俺達の計画の話、いま横で友人が俺嫁と寝ていることを話し確認するか聞くといや…いいとのこと。

俺は強制しないことを話すと暫く黙って続きしてと。

改めてキスから…今回はちゃんとディープで暫くキスを楽しんだ。

事がおわった後に友嫁に聞くと…セックス事態一年ほどまともにしてなかった様子…まぁそれはこちらも同じだが。

友人のSM趣味についていけず拒んでいたとのこと。

ディープ中友嫁は俺のぺニスを下着越しにさわり始めたのでフェラをお願いした…。

素直にぺニスを口にして奉仕する友嫁…はるかに俺嫁より上手。

友人に仕込まれたのか。

奉仕中に69体勢になり俺が上で多少喉奥をつくようすになるがそれも大丈夫。

友嫁の下着はかなり濡れており下着を下ろすと程よく手入れされた陰毛が綺麗だった。

陰唇、クリと丁寧に舐めると新しいオマンコ汁が溢れて淫靡だった。

69を終えて友嫁のオマンコにぺニスを挿入。

勿論ゴムつきだが…

挿入したときの声は大きくおそらく隣の友人と俺嫁への当て付けだろう。

正常位だったが激しく乱れてくれた。

主人のより立派だったとかまたほしいとかセックス後に話しており全裸のまま就寝…今に至っている。

寝る前にアドレスゲットしたから今後は友人を介さなくてもできそうなのが嬉しい。

まぁ友人もうまくいっていればそうなるだろうが。

ただ夫婦関係がどうなるかは…どうなるだろう…。

以上友嫁との今日の出来事終わり。