近所の夫婦とスワッピング

閲覧数:70 ビュー 文字数:1583 いいね数:1 0件

私は42歳で妻は38歳です。

妻の仲の良い近所の山田さん夫婦(仮名)と温泉旅行に行きました。

山田さん夫婦の年齢は旦那さんが46歳で奥さんは41歳です。

奥さんは年齢よりも若く見える美熟女です。

宿に着き温泉に入った後に私達夫婦と山田さん夫婦で部屋で酒宴が始まりました。

お酒を飲んでいるうちに、妻と山田さんの奥さんの座っている場所を交換したので、自然と夫婦交換の形になって酒を飲み始め、いい雰囲気になりました。

すると、どちらからともなく、今夜は夫婦交換の状態で寝ようとなり、私は山田さんの奥さんと自分の部屋に戻り、私の妻は山田さんの部屋に残りました。

私の部屋に来た山田さんの奥さんは緊張気味で、私が最初に布団に入ると恐る恐る私の布団に入ってきました。

私が

「今晩だけの秘密ですから」

と奥さんを誘い、セックスを始めました。

奥さんも

「1回くらいいいかも」

と言って、私のキスを受け入れてくれました。

今頃は妻も山田さんに抱かれてると想像するとフル勃起状態になり、山田さん奥さんの口にフル勃起したペニスを少し強引にねじ込みました。

山田さんの奥さんも旦那さんと違う私のペニスをフェラをし始めると

「大きさと形が違う!」

と目が輝き、丹念に味わいながらフェラしだしました。

私も妻のフェラとは違う感触で気持ちよく出そうになりましたが、我慢して奥さんの浴衣を脱がすとノーブラの身体が見え、形の良いオッパイと色白のむっちりした体つきがたまりません。

私が

「思ったとおりだ、奥さんはいい身体をしているね」

と言うと、

「こんなおばちゃん相手でもこんなになってくれるんだ」

と言って勃起したペニスを握り撫でてくれた。

私はクンニをたっぷりして

「奥さんグチョグチョだよ。そろそろ入れてもいい?」

と聞くと

「も~私も駄目になりそう!、お願い、おちんちん入れてぇ~」

と太腿を開いた。

久しぶりの妻以外の膣に挿入すると、妻のマンコも気持ち良いが、山田さんの奥さんのマンコの感触は妻とは違った気持ち良さがあった。

やはりペニスと同じでマンコも十人十色で違うのが分かる。

奥さんも旦那さんとは違うペニスとピストンのやり方が違うので何度もイッテました。

私も膣の中が熱くて気持ちよくて、ペニスがとろけそうになる。

奥さんのマンコを堪能して限界が来て、

「奥さん、奥さん、出るよ出るよううっうっ..」

と呻き、どくんどくんと射精が始まると

「今日は安全日だから中に一杯頂戴!」

と奥さんが言って奥さんも思いっきり体を仰け反らせて

「あぁー・・・イック~ッ」

と私にしがみついてきた。

その後も体位を変え、朝まで奥さんの熟れた身体を楽しんだ。

翌朝、俺の部屋に帰ってきた妻に

「どうだった?」

と聞くと、恥ずかしそうに

「山田さんのオチンチンは貴方のよりも大きくて凄く感じて何度もイってしまいました」

と言われて少し落ち込んでしまった。

でも年齢的に山田さんは2回戦が限界で少し不満だったらしく、

「貴方の方が3回戦してくれるし、硬さは貴方の方が硬いよ」

と言われ少し自信を取り戻した。

旅行後も月に数回、子供が寝たのを確認して、夜11時頃に山田さんの奥さんが私の家に来て、妻は山田さんの家に行ってセックスをお互い楽しんでます。

山田さんの家には子供が居ないので楽ですが、私の家は子供が居るので起きてこないかとヒヤヒヤですが、夫婦交換は止められません。

長文失礼しました。