旅先の爺さんに…

閲覧数:58 ビュー 文字数:929 いいね数:0 0件

偶然、旅先で爺さん夫婦に出会って、一緒に食事して飲んで(全て爺さん持ち)奥様が先に部屋に帰られ、

「それではうちらの部屋で飲みましょう」

となった。

スケベな目で嫁を見ていたのがわかっていたし、嫁を褒めちぎっていたから、

「部屋の露天風呂に一緒にどうですか」

と誘った。

嫁は旅先で混浴に入る事にしていたので、覚悟はできていた。

嫁はきっちりタオルを巻いて入らせ、その後、爺さんを入れた。

照明落として見てたら、爺さんに背中を向けてタオルを外して湯舟に入った。

爺さん慣れたもんで直ぐに嫁を後ろから抱いて囁いてた。

嫁曰く、この時には片手で乳揉まれて、もう片手で股間を触られていたそうだ。

それから俺が入り、嫁に胸を見せてやるように指示。

それから綺麗だと何度も言われながら、乳を吸われ湯舟の縁に座らせられてクンニでいかされた。

風呂から出てデッキで爺さんを寝かせ、嫁にフェラさせたが半立ちで挿入まで出来なかった。

そして

「次はシラフで」

と言って別れた。

2ヶ月して連絡あり、爺さんと俺ら二人また会うことになった。

三人でランチして、俺だけ別れた。

夕方、連絡がありホテルに行くと、部屋に嫁だけがいた。

抱かれた部屋とは別な部屋を取ってあった。

俺と別れて嫁は服と靴と下着を買ってもらい、ホテルで着替えた後、抱かれていた。

凄く優しくされて嬉しかったようだった。

初の他人棒は今度はいい仕事をしたようで、恥ずかしそうに

「大きくてびっくりした。」

と言った。

「じゃあ今日はもう満足だね。」

と言うと、気をつかってか俺に

「抱いて」

と甘えてきた。

トロットロだったから即挿入。

「大きいチンチンが好きです」

と言わせながら一気について中に出した。

凄く興奮してあっという間だった。

でも、嫁は

「激しいのが好き」

と言ってくれて嬉しかった。

それから爺さんからの連絡は無いが、あればまた貸し出す予定。

嫁も楽しみにしている。