妻の彼を自宅に呼んで…

閲覧数:61 ビュー 文字数:3668 いいね数:0 0件

学生の彼、正月に引越ししてたらしいですけど、どうもそこの壁が薄いらしいw。

この春に隣のアンアンが聞こえて嫁真っ青、

「私達も聞かれてんじゃないの?」

と、彼宅での逢瀬はなくなりました。

ここまで盗み見した嫁携帯のやり取りから判明w

彼氏宅で主婦が通い妻ってのもどうかと思ったけどね。

それからはずっとホテルでってパターンになったんだけど、ちょっと思ったわけよ、お金誰が払ってんのかなって。

週一から週二は会ってるから馬鹿にならんでしょ。

彼だって学生でキツイはずだしさ。

それで先々月にそれとなく嫁に聞いたんだよ、

「いつもどこでしてんの?」

って。

「そんなの決まってるじゃない」

「ラブホか?」

「そう・・・だけど」

「お金はどっちが払ってるの?」

「折半」

言葉で書いちゃうと簡単だけど、これ聞き出すのに30分掛かったよw。

「それ、大変じゃないか?お互いに」

て言ったら凄く複雑な顔してた。

考えてみたら夫婦の会話としては異常だもんね。

それで俺から提案したんだ。

「お金勿体無いから、うちに呼べばいいじゃん」

「は?」

「いや、うちでさ・・・」

「マジで言ってる?」

「だってお金大変だろ?」

「・・・・」

嫁、静かにブチ切れ、その日は口聞いてもらえませんでしたw

でもね、この三人の関係になってからかなり経つから、俺なりに色々と間合いみたいなものが分かってきてんのよ。

で、思った通り翌日嫁の方から

「うちでって、あんたは嫌じゃないの?」

って聞いてきたんだよw。

こういうところ、本当に可愛いと思っちゃうんだよね。

「嫌だけど」

「え?じゃあなんで?」

「嫌だけど、○○がどんどん綺麗になっていくのは俺も嬉しいし」

「は?」

「自分じゃ気付いてないかもだけど、メッチャ色っぽくなってきたし、性格も丸くなったよね」

「そんなの・・・」(顔真っ赤)

「ちゃんとシーツ変えてくれれば俺はいいよ。彼君に感謝の気持ちもあるからね」

「私は・・・・いやだ」

「○○がその気になったらで良いよ。だけど手料理とかは絶対ダメだからな」

「なんで?」

「お前は俺の妻だ。エッチは俺が不甲斐ないから仕方ないけど、お前の作ったものまでは譲る気はない」

「分かったよ・・・」

最後の言葉、ツンデレ嫁には効いたみたいで、少し嬉しそうでした。

もう嫁のどこをどう突けば良いか、完全に理解してる俺って凄い、なんて思ってましたw

嫁の身体つきは本当に色っぽくなりましたよ。

子供産んでからは少しヤレが出たかな?みたいなところがあったのに、彼と関係が始まってから凄くウエストとか太ももが引き締まって。

それでいてお尻とか丸くふくよかになってんだよね。

キュッボンッ、て感じ。

肌もプニプニに戻ったしさ。

本当に女の身体って不思議。

女性ホルモンなんかな

でだね、誰かが提案して俺が全否定してたこと、やってしまいました。

寝室にレコーダー仕掛けたw。

アキバで物色したんだけど、音に反応してスイッチが入るとかさ、本当に凄い機械があるもんだって、驚いたよ。

てか、こういう機械買う奴ってどういう仕事してんだろうね。

やばくない?

詳細省くけどさ、嫁の喘ぎ声、凄かったわ・・・。

あんなに喘がせる彼に脱帽すると同時に、何故か感謝。

でも鬱も凄かったかな・・・・勃起しまくったけどw。

個人的にはキスの水音、キスの合間の嫁の吐息、ベッドの軋み音、肌のぶつかる音に凄く興奮した。

あとは連続二回とか普通にやってたし、射精直後のフェラ音?手コキ音?みたいなぐちゅぐちゅ音も勃起もんだった。

いつだか嫁がメールで言ってた

「家事する体力残して欲しい」

て意味が分かったよ。

確かにあれだけいかされ続けたらしんどいわな。息も絶え絶えだったしさ。

本当はやってる前後の二人の会話が聞きたいんだけど、どうもレコーダーの感度がイマイチなのか、いきなりアンアン始めた時にスイッチが入ってるみたいで、終わりも静かになったら消えてるし。

説明書読んで次回再チャレンジって感じです。

二十歳そこそこの若者が年上女にしてる最中にアレコレと言ってたLら少し恐いかと。

以前嫁に聞いたんだけど、やってる最中は必死らしいですw。

嫁的にはそれもいいみたい。

可愛いっぽいとか言ってたよ。

凶悪なペニスのくせにさ。

多分ですけど、メールのやり取りから察するに学生さんは私の症状知ってると思います。

こないだの投稿後も録音出来たのですが、肝心のピロートークがやっぱり不十分・・・・・・全録しかないのかな~。

喘ぎ出したところで録音開始。

嫁の喘ぎ声とベッドの軋み音が半端なくてさ、なんか凄く興奮したわ。

マジでその内壊されそう。

あとは連続二回やろうとしてた。

射精したのにそのまま動き出して、嫁に

「ち、ちょっとちょっと!取り替えないと!」

みたいに注意されてたわ。

まさに底なし沼の性欲と勃起力!

笑えるよね。

いや、笑えないか・・・・・・

「あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!ヤバいっ!あんっ!あんっ!あああっ!あああああっ!」

「・・・・・・・・・」

「あんっ!あんっ!あんっ!イクッ!イっちゃうっ!イクッ!イクイクイクッ!」

「うあぁ、俺も!俺も!」

「一緒に!ね?ね?一緒に!ね?あああああああっ!」

「うぅぅっ!・・・・」

ハァハァハァハァハァハァ・・・・・・(二人とも)

ギッ・・・ギッ・・・ギッギッギッ、ギッシギッシギッシ!

「あ、あああっ、ち、ちょっと!ちょっ・・・・あああっ!」

「・・・・・・」

ギッシギッシギッシギッシギッシギッシ!

「あんっ!だ、ダメ!ダメダメダメっ!取り替えないとっ!コラっ・・・・あん!」

「スミマセン・・・・・・」

「横から溢れてきたらどうすんのよ~」

「そうだよね・・・・ごめんなさい、ついつい」

「ったくもう~(クスクス)」

「・・・・・・」

バリバリバリ・・・・・(袋破く音?)

「いいっすか?」

「ダメって言ったら?」

「え?」

クスクス、クスクス・・・・・・(二人で笑ってやがる)

「てかさ、もう立ってるの?」

「すみません・・・・」

「マジで馬鹿じゃないの?毎回毎回(クスクス)」

「だって気持ちいいから・・・・・ダメ?」

(媚びるような言い方。こういうのに嫁はやられてんだと思う)

「仕方ないなぁ~」

「へへへ・・・・・いい?」

「おいで」

ズブズブズブブブブ~(これは妄想)

「ああっ!ちよっとタイムっ!・・・・・凄っ・・・・本当硬い・・・・・」

「・・・・・・」

「あっ、あっ、あっ、あっ、あんっ!そ、そっこ!そこ!やんっ!ああんっ!」

「ここでしょ?ここでしょ?」

「あああっん!ヤバい!ヤバいヤバいっ!いやぁんっ!あああっ!あっ!あっ!あっ!あっ!」

「コリコリしてる・・・・」

「すっごい!凄い、ところまで来てる」

「・・・・・・」

この後、只管喘がされる嫁と無言の学生君。多分二回位いかされてた・・・・。

「ねえっ!ねえってば!」

「え?はい?」

「早く終わっちゃって!お願い・・・・早く」

「ギブ?」

「もう無理!あああんっ!お願い!」

「じゃあ出すね」

ギッギッギッギギギギギーーーッ!

パンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッ!(マジでベッド壊れそう)

「ああ、出る!出る!」

「あああああああっ!ああああんっ!」

パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンッ!!

「うぅ・・・・」

「ヒッ・・・・んんんんんーっ!・・・・・・ヒィィィ・・・・・」

ハァハァハァハァハァハァ・・・・・・。

(二人とも。しかも長い)

微かにチュッチュッ聞こえるけど、暫く殆ど声が聞こえない状態が続き、録音強制終了・・・・・・。

次回こそは何とか聞かねば!

「さっきから何携帯いじってんの?」

て嫁に覗かれた!

取り敢えず以上で。