寝てる義姉を覗いてイタズラしてしまい…(後編)

閲覧数:144 ビュー 文字数:9222 いいね数:0 0件

間髪入れずに義姉の肩を自分の方に引き寄せた。

力み過ぎて義姉に

「痛いっ」

って言われたが、その言葉ごと自分の気持ちを義姉の唇に押し付けた。

柔らかい。

でも寒くて冷えてしまった唇。

少しずつ俺の温度が移っていく。

最初はこわばってい義姉の体から力が抜けたのを感じた。

長い髪を何度も撫で、かきあげ、背中や腰を撫でまわした。

おしりに手を伸ばしたとき、義姉が小さく

「んっ」

と声をだした。

もう止まらない。

義姉も俺の背中に腕をまわした。

それを合図に2人は激しく求めあい始めた。

部屋には服の擦れる音だけが響いていた。

背中から腰、そしておしりに手をずらして行く。

義姉の体のラインに合わせて俺の手が動く。

円を描くように撫で回すと義姉は体をよじらせる。

合わせて舌を義姉の唇の奥へ入れると、出迎えるように舌をまとわりつかせてきた。

唾液が口元から垂れるくらい激しくお互いの舌と口の中を舐めまわし、徐々に激しくなる息遣いが、さらに2人を興奮させた。

手はおしりを鷲掴みにし、激しくもみしだいた。

やがて手は下へさがり、スカートの裾を見つけ、それを上へまくりながら、義姉の太ももを指でなぞって行く。

急に義姉のからだがこわばり、顔を離した。

やっぱり辞めたくなったのか?と思いながら表情を,伺っていると、

「あの……するの久し振りだから、ちょっとはずかしいかもw」

そう言った義姉がすごく愛しく感じ、強く抱き締めた後で

「大丈夫。…優しくするから」

と顔を真っ赤にしながら言ってあげた。

義姉は俺の胸に顔を埋めたあとキスを求めた。

俺がそっとそれに答えると、義姉は再び身をゆだね、2人はまた激しく絡みはじめた。

俺の左手はスカートの裾と共に上へ上がり、丁度太ももとパンツの境目の位置にきた。

膨らみに合わせてさらに上へ行く。

何とも言えない柔らかさのおしりがある。

さすがに少し垂れ気味だが、若いこにはない大人の柔らかさだ。

肩にあった右手は腰からくびれにそって上へ。

今度は堂々と胸の膨らみに手をあてた。

下から上へ力を加え、今度は義姉の胸の感触を、手全体にしっかり感じられた。

Tシャツの中で、少し固めのブラの生地とそれに包まれている柔らかい胸がズレながら互いに動くのを感じられた。

「あっ…どうしよう。声…でちゃう。んっ…」

義姉がそんな事言うから、俺は口で口を塞いだ。

時折からだをビクッとさせながら義姉が発するあえぎ声は、俺の口の中に閉じ込められた。

股間がすごく熱い。

何度も何度も義姉にこすりつけた。

義姉の手がその熱い股間をさわりはじめた。

指でなぞるように上下させたり、軽く掴んで上下させたり。

俺のからだも時折ビクッとした。

「なめたほうがいい?」

と、義姉が聞いてきた。

「嫌じゃなければ…」

すると義姉はしゃがみ、膝立ちの格好になり、服の上から俺の股間の盛り上がりにキスをしてくれた。

上目遣いで

「上手じゃないからね。」

と言った。

ズボンを下ろされた。

グレーのボクサーパンツに一筋の盛り上がりがあり、その最頂部には小さな染みが出来ていた。

その染みに人差し指をあてクリクリ回される。

次に全体を手でさすらりながら染みの部分にキスをしたり、唇で咥えたりしている。

電気はついたまま。

恥ずかしさはあったが流れを切りたくないから耐えることにした。

ゆっくりズボンを下げ始めるとすぐに湿った鬼頭が顔を出した。

間髪いれずに義姉はそれにキスをした。

パンツを降ろすのに合わせて舌を下へ滑らせていく。

降ろしきると今度は付け根から上に向かって舌を運ぶ。

背中に何かが走る。

鬼頭を舌先でチロチロ舐めたあと、鬼頭だけを咥え、その中で舌を激しく動かす。

竿を右手でつかみゆっくり前後を始めた。

尋常じゃない。

うますぎる。

たまに俺の反応を見るように上目を配るが、それがさらに興奮させる。

唾液を口いっぱいに含ませ、徐々吸う力も強くなる。

義姉の口の肉がチンコに吸い付き擦れる。

鬼頭の先が熱い。

すでに何かがじわりじわりでている感覚がある。

義姉はソレを唾液と共に飲み込む。

「すごく…気持ちいい。」

思わずいった。自分の嫁の姉が、今この瞬間俺の性器を咥えている。

「いきそぅになったら教えてね。」

義姉はそう言ったが、試しに俺は

「口にだしたい。」

といった。

「えっ?それは…」

考えている様子。

もしかして、

「あっ苦手?無理ならいいよ」

すると義姉は

「苦手とかじゃなくて、飲んだことないw友達が飲むもんじゃないっていってたし。」

会話してる間も優しく手コキしてくれている。

「いいよ口にだして!取り合えずためしてみないと。」

そう言うとチンコを咥え直し激しく吸い、頭を大きく、速く動かし始めた。

同時に玉を手のひらでもまれ、指先で付け根あたりをなでられた。

俺は義姉の頭をつかみ、頭の振りを助ける。

「もう…いく」

ここぞとばかりに義姉の動きが激しくなった。

次の瞬間俺の体の奥から、熱い液体が、性器内を通り、すごい勢いで鬼頭から発射され、義姉の口にだし切った。

頭が一瞬真っ白になった。

すごい早さで痙攣し脈をうつ俺のチンコを咥えたまま義姉は俺の精子を飲み干してくれた。

「大丈夫?」

無理まさか飲んでくれるとは、思わなかった。

「おいしくないけど、○○くんのなら平気。」

少し無理してるようだったが、そう言うと舌を器用に使ってチンコを綺麗に舐めて掃除してくれた。

いまあんなに射精したばかりなのに、俺のチンコは衰える気配がない。

「今度は俺の番だよw」

俺はしゃがみこみ、義姉のを座らせた。

義姉の後ろに回り込み、静かに抱き寄せた。

見たくて、触れたくてしかたなかった義姉の体が、もう少しで俺のものになる。

義姉は足を伸ばして俺に寄りかかっている。

「ねぇ…電気けさない?」

「嫌だよ。俺は全部みられたんだし。俺も見たい。」

「お腹とか出てるし、太いからはずかしいよ。」

「だ~めw」

後ろから両手で、胸をTシャツの上から鷲掴み。

円を描く様にもんだ。

義姉は観念したのか身を委ね息を荒くしている。

柔らかい。

そしてサイズも丁度いい。

襟元から見える谷間がとてもエロい。

乳首があるあたりを指で刺激すると、義姉は身をよじらせ、吐息をもらす。

足がひっきりなしに動き、畳と擦れる。

そんな光景をみていると、無意識の内に胸をもむ動きが荒くなる。

長い髪を避け首に舌を這わせると、義姉は声をだしながら体を震わせた。

俺の手は指先で義姉のTシャツの裾をつまみ、少しずつ捲っていく。

見られるのが嫌なのか、義姉の手はお腹の上にある。

義姉の顔は見えないからどんな表情をしているかはわからないが、小さな耳は真っ赤になっていた。

やがて白く飾りの付いたブラにつつまれた膨らみが2つ。

俺はまくるのを辞めた。

透き通る様なキレイな肌。

再びもみ始めるとたまにブラの隙間から乳輪が見え隠れした。

「とっていい?」

義姉は優しく頷いた。

親指と中指でホックを探したが感触がない。

すると義姉が

「これ前なんだ」

そういうと、俺が戸惑っているのが伝わったのか、義姉は自分でホックを外してくれた。

ただ、両手で隠している。

「あ~~。はずかしいよぉ」

体を揺すって義姉が抵抗する。

「あれ?お腹は隠さなくていいのw?」

さっきまでかくれていたプニプニお腹は丸出しになっている。

「あっ…ん~もぉいじわる」

俺は再びがまん汁が出た鬼頭を、義姉の背中に。

今度は直接押し付けた。

「なんか背中がヌルってしたw」

義姉がいった。

「なんでだろうね?w」

と答えながら、義姉がの腕を掴み、ゆっくり離していく。

そのあいだ義姉はしきりに

「え~っえ~」

と少しテンパった様子で連呼していたが、両腕をとった時にはただ押し黙っていた。

丸くて形のいい乳房。

大きさは手に余るくらいだ。

以外にも張りがあり、ほとんど垂れていない様にみえる。

暗めのピンク色の10円玉大の乳輪に、同じ色の丸い乳首がプクっとたっていた。

「キレイだね。」

と言うと、

「ウソばっかり。」

と少しすねてみせた。

「本当だよ」

ゆっくり揉み始めると、柔らかい中にも適度の弾力があり、理想に近いおっぱいだった。

俺の指を義姉に舐めさせ、その指を乳首にあて、細かく転がしたり、クリクリした。

乳首は最大の勃起をしている。

喘ぎ悶える義姉は次第に理性を失い始め、快楽に溺れていく…

次に体を入れ替え、今度は義姉の正面に座った。

こちらに向かって伸ばしている足の足首をそれぞれ掴み、ゆっくり押して膝を曲げて行く。

少し驚いた表情をみせたが、大きな抵抗はしなかった。

足がMの字に近づくにつれ、スカートは捲れていき、程よく肉がついた白い太ももが現れ、その奥には証明の光を淡く反射する白いパンツが現れた。

完全に足がM字に開くと。義姉は横を向いてしまった。

膝のあたりから手をなんども上へ滑らせるが陰部の寸前で止める。

もどかしそうな義姉の顔を見るのがなんともいえない優越感をもたらした。

足の付け根に挟まれた白い布はプクっともりあがっている。

その一部。

中心より少し下の部分の色が明らかに周りと違う。

人差し指でなぞるとべっとり湿っていた。

「あっ。」

と小さく声をあげる義姉。

俺はそのままシミのある盛り上がりの筋に沿って指をなぞり、たまに二本の指で優しく揉んだりした。

パンツの隙間から縮れた毛が顔をだす。

筋の上部にあるコリコリするものを見つけ優しく刺激する。

義姉は体を後ろに倒し、感じているようだ。

俺は寝そべりシミの部分に鼻と口を押し付けた。

甘くていやらしい匂いが鼻につく。

舌先を尖らせ、シミの部分を押す。

鼻でクリを刺激する。

一気に指でパンツを横にずらし、義姉のマンコを舐め回す。

「だめっ…あぁん…汚いよ…あっ」

口と体は別々で、愛液と唾液でビチョビチョになったマンコをどんどん俺に押し付けてくる。

舌を尖らせ穴に出し入れしたり、舌を広げてマンコ全体を舐めたり。

ひとつひとつ義姉は感じてくれていた。

マンコからはどんどん愛液が溢れてくる。

久しぶりにだからか、体質なのかわからないが、ソレは義姉の体をつたい畳にシミを作り始めていた。

足を目一杯広げさせ義姉のマンコをむさぼった。

ワザと音をたてるように。

なか指をマンコにゆっくり入れると義姉の肉壁が、すぐまとわりついてきた。

そのまま出し入れするとクチュックチュッと音がする。

指をなかで掻き回すと、指を抜く時に愛液が,たらたら溢れ出る。

薬屋指も追加し膣上部を刺激すると義姉は大きい声をあげた。

慌てて口を塞ぐ義姉。

それがさらにイタズラ心をかきたてる。

徐々に指の動きを速く、強くし、空いている親指でクリを、小指でアナルをいじる。

時たま義姉が腰を浮かしのけぞったりする。

口を塞いでいるため、

「ん~っんっんっんんっん~」

と低くこもった声しかでない。

俺はもう片方の手で胸をいじり、もう片方の胸を唾液まみれになるくらい舐めまわした。

部屋中に響く水音。

そのリズムははやまり、音は大きくなる。

手がおかしくなるくらい激しく、速くうごかした。

義姉の声が大きく、高くなる。

「ん~~っんぁんっん~んっんっんーーっ!」

次の瞬間義姉は大きくのけぞり、畳に何かがパシャッパラパラっと落ちる音がした。

その場所をみると染みができている。

初めて潮吹を体験した。

見逃したのが残念だったが。

義姉は薄く目をつむったまま。

体はビクッビクと痙攣している。

力が抜け、ダラんとしている義姉に覆いかぶさり、キスをした。

そして、

「いれていい?」

と聞くと、

「えっ、いいけど…生で?」

「うん。だってゴムないじゃん。それともやめる?」

義姉は首を一度だけ横に振り

「安全日だから大丈夫」

そう言うと俺の首に手を回し引き寄せキスをした。

耳元に

「入れて」

と小さく聞こえた。

右手でチンコをつまみ義姉の穴へあてがう。

鬼頭部だけを入れる。

また吐息が漏れた。

暖かい。

そしてすごく愛液で満ちている。

こんなに俺を待ってくれてるんだ。

俺はゆっくりと確かめるように先へ進めた。

締りがいい訳じゃない。

かと言ってガハガバな訳でもない。

程よく肉壁が、ガチガチになったチンコを優しく包んでくれる。

義姉と俺は今ひとつになった。

夢みたいだ。

あの唇も、胸も、お尻も、そしてマンコも。

全てが今俺の中にある。

どうすることもできる。

ゆっくり腰を動かし始めると、義姉は俺の腕を掴むと、迫る快楽とそれを存分に表現できない苦しさを力に変えて俺に伝えた。

今目の前で快楽に溺れているのは、紛れもなく俺の義姉だ。

こんなにエロいからだして。

妹の旦那に抱かれてる。

「こんなにスケベだとはおもわなかったよ」

義姉の耳に浴びせた。

「いやっ」

完全に我を失っている。

けなした言葉さえ快感に思えるようだ。

少しずつ腰の動きを速める。

クチョピチョッヌチュヌチュッ。

いやらしい音が二人を包む。

鬼頭が膣壁に擦れる。

愛液はチンコを伝い玉袋を濡らした。

少しでも気を抜いたら精子をぶちまけてしまいそうだ。

義姉の足を広げて、接合部がよく見える様にした。

体を半身起こし、義姉はそれを見ながら悶える。

そのまま義姉は俺の上にのり座位へと体位をかえた。

さっきまでとは当たる場所が変わった。

まるで膣内が変化していっているようだ。

義姉は体位を変えるまでの動きの中、声にならない声を吐息にしてなんども吐き出していた。

義姉がゆっくり腰を前後に振り始める。

互いの陰毛が擦れる乾いた音がきこえる。

シャリッシャリッシャッ。

その音も義姉の愛液によって少しずつ潤い、ジュリッズリッジュッジュッと変化していく。

前後運動の合間に、急に義姉のマンコを突き上げる。

いつくるかわからない不定期な動きと快感に義姉は振りまわされる。

股間は愛液にまみれ、熱を帯びる。

押し付けるように、一定のリズムを保ちながら前後する陰毛のしっかり生えた股間。

そのたびに小刻みに揺れる綺麗な胸。

いつもは母として妻として、姉としてしっかり身構えた顔も、今は紅潮し、口を半分開け、目をつむり、ただ性欲に支配された1匹のメスと化している。

そんな義姉をみていたら、いきたくなってきた。

左手を義姉の尻にまわし、腰の動きを助ける。

右手で乳首がビンビンにたっている左胸を力をこめて揉む。

そして右胸の乳首をチュパチュパワザと音をたてながら、唇でつまんだり、吸いながら舌先でチロチロ舐めたりする。

義姉の腰が一段と速くなり、押し付ける力もつよく、陰毛が擦れる音も大きくなる。

クリを俺の硬い陰毛にすりつけ、愛液をダラダラ垂れ流す。

あまりの快感に義姉は自分の腕を噛み、声をだすまいと必死にあがく。

だかそれは絶頂へ上る速さを余計に上げる。

グチュグチュヌチュクチュニュチュ。

いやらし音がどんどん大きく、速くなる。

「んっん~あ”~~ん”~~!」

「だ…だめぇ…もう…いっちゃう!」

俺の耳を噛みながら言った。

それをきっかけに動きはさらにはげしくなり。我慢して抑えている声も大きくなる。

一緒にいきたい。

そのタイミングがわかるように俺も声をだす。

もうチンコは折れそうなくらい膣内で動かされ、精子がすぐそこまでのぼってきた。

お互いの股間はもうグチョグチョ。

タイミングを探るように互いの声に耳を立てる。

「はぁんっ…あっ ○○くんっ…お願い出して。」

泣きそうなこえで義姉がいった。

俺もあっあっと声をだしその時は訪れた。

「いくっ…ぁぁあ”~~~!?」

「おねいさんっ………うっ…んっ」

義姉の膣壁がギュッと締り、俺のチンコから精子を絞り出そうとした。

動きが止まった義姉のマンコの奥深くに突き刺さった俺のチンコから勢いよく、熱い精子がいっせいに飛び出した。

同時にビクンッビクンッと激しい痙攣を繰り返し、一滴も残らず義姉の膣内へ放たれる。

義姉のマンコも痙攣しギューーッと肉壁で俺のチンコを締め付けそれを促す。

2人ともつながったまんま、息を荒げながら畳に倒れ込んだ。

全身から力が抜けた。

それでも俺のチンコはまだ義姉の膣内で脈をうっていて、ソレは義姉のマンコも同じだった。

5分くらいそのままだったのだろうか。

2人お互いの目が合い、照れ笑いをした。

取り合えず服を着ないと…。

少しふやけ始めたチンコを抜く。

と同時に白く濁った液体が溢れ出て、そのまま畳に流れて行った。

なんとも言えない征服感がある。

「声きこえなかったかなw」

俺がワザとらしく言うと、少し膨れたあとで

「1階と2階だし。戸も閉まってるし大丈夫でしょ。」

お互いティッシュで陰部を拭き、俺はパンツを履こうとした。

すると義姉が、

「綺麗にしてあげるよ。」

といってしぼんだチンコを丁寧に舐めてくれた。

「なんか変な味。wまぁ自分のも混ざってるんだけどね…何か複雑w。」

裏筋から玉袋や鬼頭。隅々までなめてもらううちに、またチンコがたった。

若干の痛みを伴いながら。

罪悪感、緊張感、幸福感、その全てが性欲につながる。

それは、多少の痛みや疲労、理性を凌駕してしまう。

再び反りたったチンコを見て義姉は、

「えぇ~?まだたつんだ。若いって凄いねw」

なんでだろう?

この言葉に性欲が湧き上がった。

俺は義姉の肩をまわし、うつ伏せに押し付けた。

「痛いよぉ。…まだするの?」

俺は無言で義姉の腰だけを持ち上げ、マンコに指をいれ横へ広げる。

露わになった、肉壁に舌を這わせ、愛液をすする。

乾き始めていたマンコがあっというまにビチョビチョになった。

息があがる義姉の口からはヨダレが垂れ、口をパクパクさせている。

指で激しく中を掻き回す。愛液が俺の顔に飛び散る。

そのまま俺はマンコとアナルの間を舐めた。

もうほとんど感覚がないチンコを義姉のマンコに一気に奥まで突き刺した。

「い”あ”~~」

あえぐ義姉。

そのまま一気に高速で腰を振る。

もう口を抑えるのに精一杯だ。

鬼頭をいろんな方向に突く。

陰毛まで入るほど奥深く何ども突く。

ジュポッジュポッジュポッ。

チンコとマンコがすれる。

パンッパンッパンッパチンッ。

俺の腰と、義姉の尻がぶつかり合う音。

義姉をふと見ると自分で胸を激しくもんでいた。

このすけべ女。

心の中で義姉を罵ると、快感を覚えた。

円を描くように腰を動かす。

再び激しくピストン。

これを何度か繰り返した。

太ももを愛液がつたっていく。

声を荒げ、絶頂が近いことを伝えてきた義姉。

ギューーッとマンコが締り、義姉はいった。

間もなく俺もいった。

寸前でチンコを抜き、義姉を仰向けにして顔に、胸に精子をぶっ掛けた。

少しビックリしたが抵抗はなかった。

綺麗な顔立ち。

街で歩いていたら何人目を奪われるだろうか。

さらにこの胸だ。

そんな義姉は中も外も俺の精子まみれになったんだ。

義姉は口元の精子を舐めた。

胸の精子はクリームを塗るように広げている。

精子を出し切ったチンコを義姉の顔に押しつける。

眉間から瞼。

鼻、口。

凄い脱力感と疲労感。

最後に一度強く抱き合い、何度かキスをした。

その後義姉はもう一度風呂に入るというので先に寝ることにした。

今度は覗きに来ないの?といわれた。

バレてた。

wなぜだろ。

俺はさっきまでの感覚や記憶に包まれながらあっという間に眠りに落ちた。

次の日義姉は普通に接してきた。

女は怖いw。

ただ前と違うのはその服の下も、中もお互いしっているということ。

朝ご飯をごちそうになり、昼すこし前に義姉宅を後にした。

再び交わる約束をして。

義姉編1おしまい。

知り合いの嫁とのH体験談投稿募集中

当サイトでは皆さまからの知り合いの嫁とのH体験談を募集しています。部長の奥さん、親友の妻、息子の嫁など、自分の身近にいる人妻とのエッチな体験談をお寄せ下さい!
投稿する