妻とカップル喫茶に

閲覧数:329 ビュー 文字数:2147 いいね数:0 0件

妻30歳。

スペックは、156cm、46kg、B82のBカップ。

くびれ有りサイズ不明。

ヒップ大きい、乳輪小さめ、乳首大きめ、陰毛薄め、大陰唇クリ周りのみ。

小陰唇薄め、性感帯耳口(キスでも感じるらしい)。

乳首(乱暴にしても大丈夫。噛んで摘まんで捻って引っ張って、何でも感じまくる)。

クリ(電マには耐えられず、それぐらい感じる)

マンコ(濡れまくり)。

膣内前側に数の子天井有り(いわゆるGスポットで指まんで逝く、が、もっと感じるのは、後ろ側のポルチオ部、バックでつきすぎると失神するので注意)

アナル(指いれのみ、ほぼ未開発。痔になるから嫌だって、痔はない)

男性経験自分のみ(18歳で処女を頂きました。)

オナニー(していないと言うが?)、出産1回(妊娠線なし)。

赤外線盗撮、投稿に興奮していたのも2年弱、やはり……アングルもマンネリ化、そう、飽きてきたのです。

ある夜、前戯までは良かったのですが、挿入の時にフニャチンに。

お口と乳首を舐めてもらい、何とか固くして果たしましたが…

妻は何も言わなかったのですが、その日から元気がなくなった自分に心配してくれていたようです。

買い物中に

「元気ないね」

と。

そして、つい、つぶやいてしまいました。

「刺激が…」

それから1月夜の営みはしませんでした。

その間考えました。

「どうすれば刺激が?」

初めはただ、動画ではなく、直に見られたらと考えただけでした。

計画は入念にたてました。

我慢汁を出しながら、3ヶ月。

子供の幼稚園が夕方までのお預かりの日に決行です。

「肉食べたい、元気になりたい」

と昼食に牛鍋をリクエスト。

昔2人で行った事がある牛鍋屋に行きます。

美味しく頂きながら

「元気が出てきた」

をアピール。

そう、ちょうど妻は営みのお預けを食らって4ヶ月、生理前の1番やりたい時期です。

凄く嬉しそうでした。

和室を出る時にお尻を触っ、レジの前でお尻を触っ、夫婦間のHがしたいサインです。

いつもはうちの中ですが、今回は外で人前、妻の戸惑いとそして同時に、感じているのがわかりました。

店を出てすぐ、妻の腰に手を回しつぶやきます。

「少し休みたいね、お迎えは大丈夫?」

「大丈夫、4時にお迎えだから」

でも、もう1時、これからホテルでは家までの距離と時間を考えると…

妻も直ぐに察した様です。

「どうする?」

と少し心配そう。

「近くでいいよ、よく分からないけど、あそこでいいんじゃない?涼しそうだし、……触りたい」

妻も頷きます。

所謂カップル喫茶とやらです。

偶然目の前に有りました。

もちろんそんなわけありません、全て予定通りです。

でも、自分も初体験です。

ドキドキしながら8Fへ。

閉まってなくて良かったです。

そう、必ず空いているんです。

確実では無かったのですが予約してましたから。

状況を先にメールと電話で説明して、長いという説明も短くお願いしました。

「休憩したいのですが、2時間位ですが?」

「初めてですね、入会金は半額で…お荷物は…入ってシャワー…」

妻が緊張しているのがわかります。

自分もドキドキ、それを察したのか、

「一番奥の部屋にどうぞ、まだ誰もいませんから」

その言葉で妻も決心がついたようでした。

予定通りです。

急いでシャワーを浴びます。

妻は隠しましたが、パンティーにしみが…。

部屋というよりシートに座って、周りは確かに誰もいませんが…。

誰か来たら、見られまくりですよね。

妻は不安そうに

「大丈夫?」

「大丈夫、昼間だし誰もこないんじゃない?」

「我慢出来ない、こんなに」

キスしました。

実際、今までで一番の息子です。

でも、誰も来ないは嘘です。

キスをしました。

唇、歯茎、そして耳、うなじ妻は耳が凄く感じます。

そして他のお客がやってきました。

同時に2組。

常連さんと、初めてのカップルです。

耳を舐めます、指も入れます。

妻が誰かが来るのに気づかないようにしたのです。

そのまま10分位でしょうか、やっと、常連カップルさんがやってきました。

それまでに、妻は乳首をいじられて、ひねられてびんびんですがマンコは放置状態です。

妻が

「えっ」

隣の席に人が来たことにびっくりしたみたいです。

でももう遅い、体には火がついています。

隣から見えないように体を自分に寄せてくる妻ですが、残念、自分は後ろに回ります。

そして、後ろから乳首をいつものようにコリコリ、ひねり、引っ張ります。

勿論上半身は裸で隣から丸見え。

興奮しました。