会社の先輩の嫁

閲覧数:708 ビュー 文字数:2132 いいね数:0 0件

寝取った側の話するけどダメだったらごめん。

会社の先輩に人の良さそうな人がいて飲みに行った時にNTRについて告白された。

ある程度知ってて信用できる人にして欲しいらしくて俺に声をかけたらしい。

嬉しいけど自信ないな。

奥さんは28で自分より年上だったしNTRもよく知らなかったけど、その後も何回か強く頼まれて受けてしまった。

奥さんも渋っていて説得してたとかで、飲みに行ってから1ヶ月くらい経ってから決行日が来た。

当日待ち合わせ場所に行くと奥さんらしき人が不満気に立っていた。

優しそうで特別可愛い訳ではなく胸もなく普通の女の子という感じだった。

童顔なので年上には見えなかった。

本当に説得できたのか不安だったが一応声をかけたら顔を赤くして動揺してた。

多分会社の後輩としか話してないだろうから、こんな人間が来るとは思ってなかったと思う。

いきなりホテルというのもアレなので近くのカフェで少し話をした。

年上女子とデートっぽいシチュでと話すのは初めてだったけど、話すのは得意なので心を開いてくれていろいろ話してくれた。

やっぱりNTRについては理解できないらしい。

俺に対してもメスの顔はしてるけど体を許す気はなさそう。

少し押せばヤレそうだけど知り合いの奥さんだしな。

迷ったので先輩にLINEした。

やめませんか?って。

そうしたら

「寝取って欲しい。頼む」

と返事が来た。

「奥さんが先輩のところに戻るように寝取るの多分無理ですし養うつもりもないです。やめたいです」

と返した。

我ながら思い上がった返信だけど、それでもやって欲しいと返事が来た。

この時は先輩を説得するのが面倒な気持ちが勝って寝取ることにした。

女は足りていたけど、こういう真面目そうな女、しかも年上は初めてだったから少し興味があった。

「ホテルで証拠写真だけそれっぽく撮影して帰りましょう」

と提案すると奥さんは安心したように乗ってくれた。

話した感じで信用してくれたみたいだけど、今から裏切るつもりなんだよね。

ごめんね。

ラブホに入ると奥さんは不安そうにしてた。

旦那以外と入る場所じゃないもんね。

経験は旦那だけらしいし。

エレベータ内や廊下では適度な距離を取っていたから少し安心した奥さんは表情を見せた。

でもそれは部屋に入るまで。

部屋に入って鍵を閉めた後に奥さんを壁に押し付けてキスした。

もちろん抵抗されたが体で片手を抑えて、もう片手は手で抑えて抵抗させないようにした。

顔をそむけて逃げようとしたけど顔を強引にこちらに向けてキスし続けた。

しばらく抵抗していたけど目がトロンとしてきて抵抗しなくなった。

スカートの中に手を入れて股間に指を滑らせていくと足をしっかり閉じてガードされた。

そうこなくては。

と逆に燃えていきてじわじわと指を入れていくと奥さんは力尽きて足を少し開いた。

下着の外までは染みてないけど、中が湿っているのはわかるし、すごく熱くなっていた。

涙目になっていたので余計に興奮して愛撫を続けたら膝をガクガクさせて崩れ落ちた。

イった訳ではなく立っていられなくなったっぽい。

抱えてベッドに運んだ後、抵抗されたが服を脱がした。

アラサー女とセックスするのは初めてだったので性欲の強さに驚いた。

ちょっと愛撫するだけで簡単にイキそうになってつまらないので、焦らしていじめてやった後にイカせたら泣き出してまた驚いた。

初めては旦那と思っていたのに、と言われてさらに驚いた。

先輩、もっと頑張ってよ・・・。

もう一度焦らすと力尽きたのか声はあげたが抵抗はしなかったので中に入れたらそのままイってしまった。

ここで奥さんの表情が変わった。

今までどれだけ愛撫しても気持ちが入ってない感じだったのに、自分からキスを求めてきたり抱きついてきたり俺のことを好きだと言ったり。

(俺はそんなに大きくないはずですが)

旦那(先輩)のことはいいのか?と聞くと、忘れさせて欲しい、とのことだった。

何だこの変化・・・

俺がイった後抱き合ってイチャイチャ、を3回くらい繰り返したくらいで奥さんは疲れて眠ってしまった。

起きてからももう旦那のことなんてどうでもよいみたいで何回もしたがった。

帰り際に俺が

「旦那を大事にしない不誠実な女は嫌いなんだよね」

みたいなことを言うと慌てて旦那好きアピールしてた。

「家でも旦那と仲良くしろよ?旦那に聞くからな?」

と脅したので旦那(先輩)とは表向き仲良くしていたみたい。

しばらくセフレになっていたけど先輩の子供が生まれたのがきっかけで疎遠になったので連絡先変えて縁を切った。

嫌ではなくても面倒見るつもりがない女になんて手を出すもんじゃないわ。

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。